子どもも抱える病気

悩む子供

大人とは違う子どもの症状

発症率が大人と同じと言われている鬱ですが、小学生鬱病は子供特有の特徴や原因があります。まず、悩みやストレスを感じると生活に変化が出てきます。睡眠や不眠、そこからくる怠さや不調で不登校になったり、元気がなったり、不機嫌で起こりやすくなったり。表情がなくなることもあります。また、睡眠と繋がってくるのが食欲で、拒食や過食があらわれます。成長期だから良く食べるだけなら良いですが、異常な食欲や炭水化物を詰め込むように食べている場合は注意しなくてはいけません。そして、身だしなみが気にならなくなったり、いろいろなことに興味をもたなくなります。子どもは趣味を持ったり、好きな歌手がいたり、ファッションや興味を持つことが多いですが、小学生鬱病はこれらのことがまったくないです。また、怒りっぽくなったり、家庭内暴力をふるったり、不登校や引きこもりになるのも特徴です。これらの原因として、勉強についていけなかったり、いじめなどの学校での問題や家庭内の暴力があげられます。大人よりも表現がうまくできない子どもだからこそ、体や行動に現れやすいのです。

小学生鬱病になったときは、周りが見守ることが大切です。本人が病院へ行きたがらない場合もありますが、いきなり精神科や心療内科ではなく、小児科に連れて行って相談するのも良いでしょう。また、学校での問題がある場合は、教師らと連携して対応しなければ改善ができません。特にいじめや不登校の問題は解決が難しいので、じっくり親も一緒に向き合っていく必要があります。学校に行けとか強く叱らず、まずは原因を知り、悩み事やストレスから心を解放してあげてください。ただ、小学生鬱病は親が自分を責めて親も鬱病になるケースもありますが、これでは悪循環です。子どもをさらに自分のせいだと追い込んでしまわないためにも、医師や専門機関に相談するようにしてください。もし、家庭内暴力などの家庭に原因があるなら、一歩踏み出すことも大切です。親や周りの大人は子どもをサポートするものです。小学生鬱病を知らないと、だらけているだけと考えてしまいがちですが、鬱病は大人だけでなく子どもも同じくらいの割合で発症します。もしかしてと思ったら、子どもの様子を見て、親が変化に気づいてあげることが大切です。

小学生でも発症する現代病

勉強する子供 小学生鬱病が注目されてきています。なかなか自分では気づきにくく、身近にいる親御さんくらいしか気づくことはできません。気づいたらすぐにでも心療内科や精神科に連れて行きましょう。早期発見と早期治療が望ましいものです。

詳しく見る

心療内科への相談

男女 近年増加している小学生鬱病は、大人の鬱病よりも発見しにくいため、保護者が十分に気を配る必要があります。病気の兆候が見られたら、早めに専門家に相談して、認知療法や精神療法で治療することをおすすめします。

詳しく見る

小学生をストレスから守る

女の子 小学生鬱病は他人事ではなく、自分の子供や周囲の子供などにも起こりうる症状なので、正しい知識と情報をもって、周囲の大人がサポートをしながら解決していくことが重要です。同じような苦しみを共有できる仲間との情報交換も大切です。

詳しく見る

お子様の変化を見逃さない

生徒と生徒 小学生は学業や塾通いなどで忙しいですし、転校やクラス替えなどで環境が変わることもあります。精神的なストレスを受けると、小学生鬱病に罹ることもあります。精神症状よりも、体の不調が強く出ることが多いです。

詳しく見る

若年化している心の病気

その他 近年、鬱病患者数の増加に伴い患者の若年化も進んでいます。中高生の思春期鬱病もさることながら、更に幼い小学生鬱病も増えています。小学生の場合は症状を的確に訴える事が難しいため、回りの大人がその不調に早く気付く事が大切です。

詳しく見る

人気記事

勉強する子供

小学生でも発症する現代病

小学生鬱病が注目されてきています。なかなか自分では気づきにくく、身近にいる親御さんくらいしか気づくことはできません。気づいたらすぐにでも心療内科や精神科に連れて行きましょう。早期発見と早期治療が望ましいものです。
男女

心療内科への相談

近年増加している小学生鬱病は、大人の鬱病よりも発見しにくいため、保護者が十分に気を配る必要があります。病気の兆候が見られたら、早めに専門家に相談して、認知療法や精神療法で治療することをおすすめします。
女の子

小学生をストレスから守る

小学生鬱病は他人事ではなく、自分の子供や周囲の子供などにも起こりうる症状なので、正しい知識と情報をもって、周囲の大人がサポートをしながら解決していくことが重要です。同じような苦しみを共有できる仲間との情報交換も大切です。

Copyright© 2019 子どもの様子がおかしいと感じたらサインをまずは見逃さないで All Rights Reserved.