お子様の変化を見逃さない

生徒と生徒

体の不調が強く出ることが多いです

鬱病は大人が罹るイメージがありますが、小学生などのお子様も罹る可能性があります。転校やクラス替えなどの環境の変化があったり、自然災害などで被害を受けたり、家庭不和などが要因になります。小学生は大人とは違って、辛い気持ちや症状を言葉で伝えるのが苦手です。精神的にイライラしやすくなったり、涙もろくなるなどの変化が見られます。意欲が減退して成績が下がったり、朝が起きられなくなったり、不登校などに発展することもあります。早めに精神科や心療内科を受診させることが大事です。うつチェックやカウンセリングなどで、小学生鬱病が診断されると、十分な休息や睡眠を取らせることが大事です。学校に行きたがらない時は、一時的に休学をさせる必要があります。比較的症状が軽い場合は、通院をしながら、通学をすることも出来ます。仕事や家事で忙しい親御さんが増えていますが、お子様の話はよく聞いてあげることが大事です。日常の生活では、腫れものに触るような態度は取らず、通常通りに接してあげることも大事です。小学生鬱病は珍しい病気ではなく、誰でも罹る可能性があります。

現代の小学生は中学受験などを控えており、学業や塾通いに忙しい人が増えています。学業の不振や友人関係のトラブルなどが原因で、大きなストレスが罹り、小学生鬱病に罹ることもあります。明るく活発な性格のお子様が、外出をしたり、友人と話をしたりするのを避けることもあります。小学生の場合は、精神症状よりも、下痢や便秘、不眠、食欲不振などの体に不調が強く出ることがあります。体重が急激に減少したり、不眠や過眠などで睡眠障害が見られたりする時は、早めに精神科や心療内科を受診させることが大事です。睡眠障害が見られる時は、早寝早起きなどの習慣を付けることで少しずつ改善することが多いです。以前の日本に比べると、現代のお子様の環境も大きく変化しています。両親が離婚をして、孤独感を感じていたり、いじめなどが原因で小学生鬱病に罹ることもあります。いじめなどの深刻な問題がある時は、教師と時間を掛けて相談をしたり、休学をさせたり、場合によっては転校が必要になることもあります。適切な治療を受けることで、少しずつ改善することが多いです。

Copyright© 2019 子どもの様子がおかしいと感じたらサインをまずは見逃さないで All Rights Reserved.