小学生でも発症する現代病

勉強する子供

親御さんがいち早く気づくことが大切

小学生鬱病がじわじわと注目されるようになってきています。小学生でも現代的な鬱病になるというのはあまり知られていません。しかし、兆候はちょっと気をつけていれば気づくことができます。例えば不登校になったり、成績が落ちたりといったことなどです。もちろん、これらの症状だけで鬱病とは言えませんが、何らかの兆候として頭の隅にでも置いておいた方がいいでしょう。特に気づいてあげられるのは一番身近に居る親御さんだけです。小学生鬱病はどのような子に起こりやすいのか、いろいろと勉強しておくのもいいかもしれません。鬱病による不登校なら、鬱病治療をすることで改善できます。心の声を聞いてあげることが一番です。そこで、心療内科や精神科に連れて行きましょう。小学生だと親御さん以外の大人にはなかなか心を開かないこともあるので、優しく穏やかで親身的な医師の居るクリニックを探すことがポイントです。特に小学生相手の診療も行っているクリニックを重点的に探してみることをおすすめします。

小学生鬱病は現代病とも言えることから、これからの子どもたちにも発症するかもしれません。誰でもちょっとしたことで発症する病気でもあります。身近に居る親御さんをはじめ、学校の先生や祖父母なども気をつけて子どもたちの様子を見るようにしましょう。小学生鬱病を発症したら、すぐにでも心療内科や精神科を訪れることをおすすめします。鬱病かどうかは専門医に診てもらわないことには分かりません。勉強への集中力が低下したり、学校へ行きたがらなかったりするようなら、心の病気を疑ってみましょう。お休みして様子が元通りになるのなら、しばらく学校を休んでみるのもいいかもしれません。小学生のうちならまだ勉強も追いつくことができます。主治医に相談するとしばらく学校をお休みさせ、治療に専念させるといったアドバイスを受けることもあるはずです。まずは専門医の指示に従ってみましょう。また、定期的に電話で相談してみるのもおすすめです。小学生は成長期でもあり気分に浮き沈みがあります。難しい年頃だからこそ、鬱病の再発も起こりやすいので注意が必要です。

Copyright© 2019 子どもの様子がおかしいと感じたらサインをまずは見逃さないで All Rights Reserved.